現在は、組み立てが完成してから一週間ほど過ぎたところです。

本当は週に2~3回ぐらいのペースで徐々に慣らしていくのが良いようですが、体を動かすのは気持ちがいいので毎日エアロバイクに乗っています。

実際に使用してみてどんな感じなのか、使用感を詳しく書いておきます。
参考になれば幸いです。

サドルの使用感

afb7014 本体に取り付けたサドル

アルインコのエアロバイクの口コミでは、「サドルが固い」というものが多かったのですが、AFB7014のサドルは厚みもあって柔らかく、長時間乗ってもお尻が痛くなりません。

おそらく古い機種や安価な機種だとサドルが固いものが多いのかもしれません。
サドルが固い機種をお持ちの方には、以下のようなサドルカバーも売られています。

by カエレバ

私の身長は177cmですが、サドルの高さは一番高くしても若干低い気がします。
もう一段階(30mmピッチ)高くなると良かったと感じています。

ハンドルの使用感

afb7014 ハンドルを本体に取り付け

ハンドルはスポーツジム用のエアロバイクに比べると細くて華奢に感じますが、家庭用としては問題ないと思います。ジム用とでは価格も全然違いますので妥当なところかと。

使用に際して特に不都合はありません。

心拍数を測るグリップセンサーはもう少し下の方が計測しやすいのかもしれませんが、ずっと同じ場所を握り続けているわけではないので、個人的には特に問題ありません。

ハンドルの角度は回転できますが、上下の高さ移動はできません。
現在の高さで問題ないので、こちらも個人的には特に問題ありません。

表示メーターの使用感

AFB7014 表示メーター

まだ機能を全て把握していないので、モードの違いなどは分かりませんが、消費カロリーの信憑性は低いと感じます。

スポーツジム用のエアロバイクで30分運動しても、私が丁度良いと感じる負荷ですと、だいたい200~250kcalぐらいでした。

AFB7014の場合、同じぐらいの負荷で30分こぐと、500~600kcalぐらい出てしまいます。

実際には半分ぐらいのカロリーしか消費していないと思った方が良いと思います。

それでも、半分で計算すればだいたいの消費カロリーはわかりますので、個人的には特に不満はありません。

速度、心拍数、回転数などはおおむねジム用のバイクと同じぐらいの数値なので、正しい数値に近いのではと思っています。

機能の一つ「体力評価」を使って見ましたが、うまく作動しませんでした。
今度問い合わせてみようと思います。

音の大きさ

ペダルをこぐ音はとても静かです。
近くの部屋にいても全く聞こえないレベルです。

気になるのはメーターのボタンを押す時に電子音が鳴るぐらいです。

電子音を消したいのですが、説明書にも消し方が書いてありません。
そもそも消せないのかもしれません。

そんなに頻繁にボタンを押すわけでもないので特に問題はありません。

ペダルの負荷

負荷は32段階まで変えられます。

初めて乗った時は「6」でこぎましたが、今は「4」でこいでいます。

あまり負荷が高すぎると膝を痛めてしまいますのでご注意を。

こぎ始めは軽めの負荷で、体が温まってきたらだんだんと重くしていくと良いでしょう。

個人的には32段階も使うことはありませんが、多くて困ることもないので良いと思います。

かなり高い負荷まで設定できるので、トレーニング目的にも十分使えるのではないでしょうか。

ペダルの回転

何度も書いていますが、電磁負荷方式を採用していることが、AFB7014を選んだ最大の理由です。

負荷方式の違いについて詳しくは、こちらの記事をご覧ください。
>>エアロバイクの選び方~アルインコ編

ジムのエアロバイクと何ら遜色なく、とてもスムーズなペダルの回転で大変満足しています。

さすが国内最大のエアロバイクメーカーの最上位機種ですね。

それでも価格が45,000円しないのですから、かなり安いと感じます。
(私は税込価格44,100円で購入しました。)

見た目や作り

「家庭用のエアロバイクなんて、どうせ安っぽいだろう」と考えていましたが、思った以上に作りがしっかりしていて重厚感があります。

デザイン的にはダサいという人もいるかもしれませんが、個人的には気に入っています。

愛着を持って長く使えそうなので嬉しいです。

移動

重すぎるので移動は大変です。

初めから移動しないことを前提に置き場所を決めた方が良いです。

本体の前足部分にキャスターがついています。

本体を傾けることでキャスターが地面について、移動を助けてくれます。

ただ、かなり本体を傾けないとキャスターが使えませんので、やはり移動するのは一苦労です。ただでさえ重いですし。

組み立て

組立説明書は国内メーカーのものなので、とてもわかりやすかったです。

私は前回の記事に書いたとおり「ペダルベルト」と「ハンドルの取り付け」で手間取ってしまったので組み立てまでに2時間ぐらいかかりましたが、手際の良い人であれば30分以内にできるのではないでしょうか。

>>アドバンストバイク7014(AFB7014)の組み立て実演

付属の工具2つだけで組み立てられる手軽さもポイント高いです。

残念な所

前回の記事で再三書きましたが、個人的には以下の2点が残念な所です。

  • ボトルホルダーの大きさと位置
  • タブレットトレーがない

「もっと本体を軽くして欲しい」などは、ちょっとやそっとでは改良が難しいと思いますが、ボトルホルダーやトレーについては、ちょっといじれば何とかなる部分だと思うのでアルインコさんには改良を期待したいと思います。

(追記)
そうは言っても私の声などは届くはずもないので、100均で材料を買って自分でタブレットトレーをつけてみました。詳しくはこちらの記事をどうぞ。
>>エアロバイクにスマホ固定トレーをつけてみました

総合評価

ちょっとした不満もありますが、全てに満足することはあり得ないと思っていますので、総合的には買って良かったと大変満足しております。

エアロバイクは長く使わなければ意味のないものですので、多少値は張りましたが、意味のあるお金の使い方ができたのではないかと思っております。

すぐに飽きてしまって、部屋の隅にホコリをかぶって放置されるのも可哀想ですので、少しぐらいお金をかけてでも良い製品を買った方が後々まで大事に使おうと思えるのではないでしょうか。

(関連記事)>>お金が集まる人の習慣~10の方法

ストレスを感じることなく、長くエアロバイクを使い続けたい人にはアルインコの最上位機種「アドバンストバイク7014」をおすすめします。

by カエレバ