今回は、録画したTV番組をDVDにダビングして、パソコンで視聴する方法について書こうと思います。

まず、前提として「DLNA」という規格のレコーダーやパソコンを持っているのであれば、レコーダーとパソコンを(無線)LAN接続でつなげば視聴できます。

しかし、私の持っているパソコンもレコーダーもDLNA対応製品ではありません。

また、私のパソコンのドライブはブルーレイディスクにも対応していませんので、「DVDにダビングして視聴する」という選択肢しかありません。

以前にもチャレンジしたことがあるのですが、その時は途中でつまづいてあきらめてしまいました。

しかし、気になっていたので、今回記事にするついでに調べてみようと思い、再び挑戦することにしました。

録画したテレビ番組が見られるかどうかは「CPRM対応」がカギ

まず、パソコンでTV番組を視聴するための条件として、以下の3つが必要です。

  1. DVDディスクがCPRMに対応している
  2. パソコンのDVDドライブがCPRMに対応している
  3. 視聴ソフトがCPRMに対応している

「CPRMに対応している」というのがポイントです。

CPRMというのは、「Content Protection for Recordable Media」の略で、著作権保護関連の規格のようですが、よくわかりませんし、詳しく知る必要もありません。

とにかく、DVDディスクとDVDドライブと視聴ソフトがCPRMに対応していれば良いと思っていただければ結構です。

CPRM対応のDVD-RWが1枚だけ欲しいのですが…

さて、それでは早速CPRM対応のDVDディスクを買いに行きましょう。

今回は、何度でも書き込みと消去ができる「DVD-RW」を買うことにしました。

何度も書き込めるので1枚だけでいいと思っていたのですが、近所のホームセンターとイオンに行ったところ、5枚パック以上しか置いてありませんでした。

1枚しか使わないのに、5枚買っても無駄なので、「コンビニなら1枚だけで売っているかもしれない」と思い、家への帰り道に何軒かコンビニに立ち寄りました。

サンクス、ローソン、ファミリーマートに寄りました。

ブルーレイディスクの1枚売りならありましたが、DVD-RWを1枚だけで売っているコンビニはありませんでした。

最後にちょっと離れたセブンイレブンに行ってみると、ようやく見つかりました。さすがセブンイレブンですね。痒い所に手が届く品揃えには感心しました。

CPRM対応DVD-RW

↑ケースの包装にデカデカと「CPRM対応」と書いてあります。

DVDのディスク自体にも、小さく「CPRM」と書いてありますので、お持ちのDVDがCPRM対応かどうかがわからない場合には、ディスクでご確認ください。↓

DVD-RW盤面のCPRM表示

DVD初期化の方式がネットの情報と違う!

さて、家のBD/DVDレコーダーにDVDディスクを入れ、初期化(フォーマット)をします。

初期化の際には「VR方式」と「ビデオ方式」のどちらかを選択します。

DVDへのダビングはVR方式とビデオ方式

両者の違いを簡単に言いますと、「ビデオ方式」のほうが色んな媒体で使えるので汎用性が高いとだけ覚えておけば良いでしょう。通常ダビングする際には、「ビデオ方式」を選んだ方が良いようです。

事前にネットで調べたところ、TV番組をパソコンで視聴するには「ビデオ方式で録画しなさい」と書いてありましたので、ビデオ方式で初期化し、ダビングしようとしました。

すると、以下のようなエラーメッセージが現れました。

レコーダーのダビングエラーメッセージ

どうやら、ビデオ方式ではDVDへダビングすらできないようです。

こういうちょっとしたつまづきが挫折の元なんですよね。

もう一度「VR方式」で初期化をし直して、ダビングしてみたところ、今度はうまく行きました。

(ひょっとしたらレコーダーのメーカーでダビングできる方式が異なるのかもしれません。ちなみに私が使っているレコーダーはソニー製です。)

パソコンのDVDドライブは大体CPRMに対応しているらしい

次に、ダビングしたDVDディスクをパソコンのDVDドライブに挿入します。

お使いのDVDドライブがCPRMに対応しているかどうかは、「Nero InfoTool」という無料ソフトで調べることができます。

しかし、現在販売されているパソコンであれば、大抵のドライブはCPRMに対応しているとのことでしたので、私は特に調べませんでした。

一回しか使わないフリーソフトをインストールして、パソコンの容量が減るのもイヤですし。

CPRM対応の視聴ソフト「PowerDVD」がパソコンに入ってた

まず、普段使っている視聴ソフトVLCプレイヤーを使ったのですが、DVDを見ることはできませんでした。

次に、PowerDVDという視聴ソフトを使ってみました。

これは、もともとパソコン購入時からインストールされていたソフトです。

シリアルナンバーが書いてあるCD-ROMがどこかに行ってしまって、使わずにパソコンの中に入れっぱなしになっていました。

今回の件のため、机の引き出しをひっくり返してようやくCD-ROMを見つけ出しました。

PowerDVD

CD-ROMにもちゃんと「CPRM対応」と書いてあります。

シリアルナンバーを入力し、PowerDVDを立ち上げて、ワクワクしながら再生ボタンを押しました。

結果、ようやく見ることができました。

PowerDVDの再生画像
↑著作権保護のため画面はボカしてあります。

録画したTV番組をパソコンで見れなくて困っている方は今回の記事を参考にしてみてください。

それでは、ここまで読んでいただき、ありがとうございました。