チー油と鶏皮チップス

わたしは普段の夕食に、体型維持のために鶏むね肉を使うことが多いです。
鶏むね肉の脂身(鶏皮)は以前は捨てていましたが、もったいないないなぁと思っていました。

調べてみたところ、鶏皮は油を抽出してしまえば、残った部分はほとんどタンパク質だそうなので、再利用のため鶏皮を冷凍して保存することにしました。
だいぶ鶏皮がたまってきたので、鶏皮から鶏の油(チー油)を抽出して、残りは鶏皮チップスとして利用したいと思います。

まずは、冷凍の鶏皮を常温に置いて解凍します。
朝起きて冷蔵庫から取り出して、仕事が終わるまで8時間ぐらい置いておいたら溶けてやわらかくなっていました。

解凍した鶏皮は食べやすい大きさに切ります。
重さを量ってみたところ、1693.5gもありました。

切った鶏皮をフライパンに入れ、弱火でじっくり加熱して油を抽出していきます。
火力が強いと焦げてしまうので、弱火でじっくりが基本だそうです。

鶏皮1693.5g
鶏皮1693.5g

時々かきまぜながら、1時間ほど経過したものがこちらです。

弱火で1時間加熱した鶏皮
弱火で1時間加熱後

フライパンを傾けると、だいぶ油で出てきているのがわかります。

鶏皮からチー油抽出

さらに1時間ほど加熱したものがこちらです。↓
鶏皮自身から出た油で揚げていくという感じです。
先ほどより油もかなり出てきて、鶏皮も色づいてきました。

弱火で2時間加熱後の鶏皮
弱火で2時間加熱後

さらに30分加熱後。↓
鶏皮がキツネ色になり、だいぶパリパリになってきたようです。

弱火で2時間半加熱後の鶏皮
弱火で2時間半加熱後

ザルで濾して、チー油と鶏皮チップスに分けました。

ザルに開けた鶏皮チップス
チー油と鶏皮チップス

鶏皮チップスは、そのままでも鶏のうまみが十分出ていておいしかったですが、まだパリパリ感が少なく感じたので、次回作る時はもう少し揚げ時間を長くしようと思います。
味見して揚がり具合を確認するのも大事ですね。
かなり時間がかかったので待ちきれずに味見をせずにザルに開けてしまいました。

わたしは黒コショウをかけて食べました。
おやつやお酒のおつまみにそのまま食べても良いですし、きざんで料理に加えても美味しいです。

チー油は、常温、冷蔵庫、冷凍庫のいずれかで保存することになりますが、保存期間は常温で約1週間、冷蔵庫で約1ヶ月、冷凍庫で約1ヶ月半ぐらいだそうです。
チー油自体にうまみがありますので、ラーメンやチャーハンに入れると美味しいです。
また、炒め物などで通常の油の代わりに使用してもいいですね。

あまりたくさんチー油を作っても常温保存では使い切れませんので、今後はあまり鶏皮をため込みすぎずに使っていこうと思いました。