これまでの経緯はこちらの記事をどうぞ

>>(1) セキュリティソフトを買い替える~促されるまま更新すると危険?
>>(2) 更新料無料のセキュリティソフトって、どういうこと?

さて、購入するソフトも決まったので、Amazonへ行って価格を調べてみると、なんと税込、配送料込で2,854円でした。

めちゃめちゃ安い…。

(価格は時間の経過と共に若干変動しているようですが、ほぼこの辺りを推移しています。)

ちなみに、ソースネクストの公式サイトでは、ダウンロード版が税込4,309円、パッケージ版が送料プラスで税込4,795円でした。

2025年まで更新料ゼロというだけでもかなりお得感がありますが、更新料がかかる他社ソフトと比べても価格がかなり安かったので、もし失敗したとしてもあきらめがつくと思い、即購入してしまいました。

他にいくつか注意点がありますので、あわせてお伝えしておきます。

スーパーセキュリティzeroのダウンロード版とパッケージ版の違い

「スーパーセキュリティZERO」の販売ページを見ると、ダウンロード版とパッケージ版の2種類あり、どちらも同じ価格です。

Amazonの場合は、パッケージ版でも配送料が無料でしたので、どちらもかかる金額は同じでした。(公式サイトから購入すると配送料が別途かかります)

口コミを読んでいたら、こんな書き込みがありました。

「Windows 10対応のパッケージ版を購入すると、Android用とMac用の1年版が付属しているが、ダウンロード版には付属してない」

私のスマートフォンはAndroidなので、どうせならたとえ1年版でもAndroid用が付属している方が良いと思い、パッケージ版を選びました。

後日談ですが、今回ブログに書く際に上の口コミが本当なのかどうか、ソースネクストカスタマーセンターに問い合わせてみました。

担当者によると、ダウンロード版でもパッケージ版でも、どちらにも

  • Android用1年版
  • Mac用1年版

の両方が付属しているそうですので、どちらを購入しても内容に差はありません。

パソコンにDVDの読み取り機能がない場合や、すぐにソフトをインストールしなければいけない、などの理由がある場合には、ダウンロード版を選んだ方が良いでしょう。

どちらにしろ、私の場合はアナログ指向の人間なので、どうしても形のないダウンロード版よりも形のあるパッケージ版に安心感を覚えてしまいます。

なので、内容が同じだと知っていたとしても、パッケージ版を選んでいたと思います。

スーパーセキュリティZERO パッケージ

スーパーセキュリティZEROとウィルスセキュリティZEROの違い

ソースネクストのウイルスセキュリティソフトは2種類あるので、ちょっと注意が必要かもしれません。

私が購入したのは「スーパーセキュリティZERO」で、間違えやすいのは「ウイルスセキュリティZERO 」です。

このZEROシリーズの大きな特徴である「更新料ゼロ」は両方とも当てはまります。

ではこの2つ、何が違うのか?

簡単に言いますと、性能と価格が違います。

スーパーセキュリティZEROの方がウイルスセキュリティZEROよりも高性能です。

ウイルスセキュリティZEROは性能が悪い分、価格はスーパーセキュリティZEROの約半分ぐらいです。

  • スーパーセキュリティZERO:標準価格 4,309円(税込)
  • ウイルスセキュリティZERO:標準価格 2,138円(税込)

私が判断基準にしたのは、前回の記事でご説明した、ソフトに搭載されている「ウイルス検知エンジン」です。

もともとソースネクストのセキュリティソフトは性能が悪く、口コミで評判の悪さが目立っていましたが、「スーパーセキュリティZERO」からは、世界的に評価されている「Bitdefender Internet Security」のエンジンに変えたことにより、性能が格段に上がったと言われています。

しかし、「ウイルスセキュリティZERO」は評価の高い「Bitdefender」のエンジンを使っているわけではなく、インドのK7 Computing社が開発した「K7 Total Security」のエンジンを搭載しています。

数値に現れる成績も特に良い点もなく、誤検知や見逃しも多いとのことでしたので「ウイルスセキュリティZERO」は選択肢から外したという次第です。