アルインコのエアロバイクAFB7014を購入してから約10ヶ月が経過しました。

以前の記事で再三書きましたが、AFB7014の不満の一つとして、AFB6215には付いているタブレットトレーが無いことを挙げました。

エアロバイクは1回につき30分ほど乗っているのですが、その間は退屈なので、私の場合録画したテレビ番組をウォークマンに転送して、運動しながら観ています。

アドバンストバイクAFB7014には、タブレットトレーがついていないので、ボトルホルダーの上に置いて観ていました。

AFB7014ボトルホルダーの上にウォークマン

不安定なのでよく落としたりしてストレスが溜まっていました。

ということで、今回、自分でオリジナルのスマホやタブレットを固定させるトレーを取り付けてみることにしました。

ダイソーで買ったイーゼルをスマホの固定に使用

材料は、100円ショップダイソーで買ってきたこの小さいイーゼルです。

100円ショップダイソー イーゼル

スマホ固定トレー材料

これの台座部分が使えるのではないかと思い、108円出して購入しました。

まずは、このイーゼルを分解します。

イーゼル分解

細い金属で固定されていたので、無理やり引き抜きました。

片方はうまく抜けたのですが、もう片方は途中で折れてしまいました。

スマホ固定トレー金属

折れた部分が出っ張っていると、エアロバイクに取り付けられないので、家にあったヤスリで削ってみましたが、どうにも無理そうです。

ヤスリ

出っ張っているなら押し込んでしまおうと、トンカチで押し込みました。

トンカチ

これなら大丈夫そうです。

スマホ固定トレー台座

とりあえず、エアロバイクのメーター部分にセロテープで仮止めしてみます。

スマホ固定トレーをメーターに仮止め

スマホ固定トレーをメーターに仮止め2

ちょうど下の画像のように、手前部分がカギ状になっているので、スマホやウォークマンを載せても落ちないようになっています。

横から見たスマホ固定トレー

ウォークマンを置いても大丈夫そうです。

スマホ固定トレーにウォークマンを置く

メガネも置けます。

スマホ固定トレーにメガネを置く

アクリル絵の具でスマホ固定トレーに色を塗る

これなら大丈夫そうなので、次は色を塗っていきます。

メーター部分はシルバーとブラックで作られているので、トレー部分はシルバーにしましょうか。

家にアクリル絵の具のセットがあったので、久しぶりに出してきました。

アクリル絵の具は乾くと水に溶けないので、今回の用途にはポスターカラーや水彩絵の具より適していると思います。

アクリル絵の具セット

シルバーのアクリル絵の具もほぼ使っていない状態で残っていました。

アクリルガッシュ シルバー

まずは陶器の絵の具皿にアクリル絵の具を水で溶きます。

アクリル絵の具を水で溶く

アクリル絵の具の場合、プラスチックの絵の具皿に入れると、こびりついて落ちなくなるので、私は陶器のお皿を使っています。

陶器ならアクリル絵の具でもきれいに落ちます。

水で溶いたら、グラデーションメディウムをスポイトで2~3滴入れます。

グラデーションメディウム

アクリル絵の具は乾燥するのがはやく、乾燥してしまうと塗れなくなるので、乾燥を遅くするためにグラデーションメディウムを入れています。

グラデーションメディウムの正しい使い方ではないかもしれませんが、便利なので私はそうしています。

アクリル絵の具にグラデーションメディウムを混ぜる

乾かしながら、3回ぐらい重ね塗りをしました。

シルバーに塗られたスマホ固定トレー

木工用ボンドでスマホ固定トレーを接着

木工用ボンドなら、メーターに接着させても、後できれいにはがせると思ったので、今回は木工用ボンドで取り付けることにしました。

メーターに接着する面に、木工用ボンドを塗ります。

間違えて接着する面まで色を塗ってしまいました。

スマホ固定トレーに木工用ボンドを塗る1

ボンドを指で伸ばします。

スマホ固定トレーに木工用ボンドを塗る2

メーターに接着します。

表示メーターに接着
落ちてきそうなので、ふとんを干す時に挟むやつではさんでみました。

ふとんばさみで圧着

かなり挟む力が強く、かえってトレーがずれてきてしまったので、外してドライヤーで乾燥させました。

30分ほど経過…。

くっついたようですね。

(実際は一晩ぐらい置いて完全に乾かした方がいいと思います)

メーターに接着されたスマホ固定トレー

表示メーターに接着

メガネもウォークマンもスマートフォンも載せることができます。

tray_26

スマホ固定トレーに置かれたウォークマン

スマホ固定トレーに置かれたスマートフォン

タブレットは持っていないのでわかりませんが、1cmぐらいの厚さまで載ると思います。

これで、より快適にエアロバイクで有酸素運動ができます。

不満に思っていた問題点が一つ解消してよかったです。

エアロバイクに興味のある方はこちらの記事をどうぞ。
>>エアロバイクの選び方~アルインコ編